『傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン』あらすじ・感想・レビュー。時代と逆境に立ち向かう、働く女性の強さと美しさを描くサクセスストーリー!
あべし① 左

みなさん、こんにちは。あべしです!
マンガライフ、楽しんでいますか!?

マイナーコミック研究所(略称:マイコミラボ)は、まだ世に広く知られていないけど面白いマンガを紹介・解説・考察していくブログです。

あべし① 左

今回ご紹介する作品はコチラ!

引用:傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

『傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン』

作品情報まとめ

ジャンル
 歴史・職業

著者
 磯見 仁月(いそみ じんげつ)

その他情報
 単行本:全9巻
 出版社:新潮社(バンチコミックス)

『傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン』は歴史マンガ!
時代と逆境に立ち向かう、女性の強さと美しさを描くサクセスストーリー!

レビューまとめ

✅ストーリー
 ★★★★☆(★4つ)
 イイ!

✅イラスト

 ★★★★★(★5つ)
 すごくイイ!

✅おすすめ度

 ★★★★☆(★4つ)
 イイ!

評価の合計は★13!
ゼッタイに読んで欲しい作品です!

圧倒的な作画力が魅力的なマンガ!
世界トップレベルのイラストが必見です!

気になった方は、ぜひ以下のリンクから購入してみてください!
”無料の試し読み”だけでもぜひ!)

それでは、はりきって紹介していきます!!

『傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン』あらすじ

あべし① 左

作品のあらすじをご紹介します!

あらすじ

舞台は18世紀フランスの地方都市アブヴィル。
髪結い・お針子として働いているベルタン

町一番の腕として有名だが、それもまだ地方都市のレベル。
この先の身の振り方について考えるようになる。

仕事の腕を磨くか、結婚するか

引用:傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

そんな折、密かに淡い恋心を抱いていた幼馴染が結婚することに。
奇しくも、結婚式の花嫁衣装を仕立てることになり、決意を固める。

パリへ。

「傾国の仕立て屋」になってやる

登場人物

あべし① 左

メインの登場人物をご紹介します!

マリー・ジャンヌ・ベルタン(ローズ・ベルタン)

引用:傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

後に、「ローズ・ベルタン」としてファッション史に名を刻む。
王妃マリー・アントワネットに仕え、モード大臣と呼ばれた。

貧しい家庭に生まれ、幼いころから働いてきた。
髪結い・お針子として、叔母に仕事を仕込まれ、町一番の腕にまで成長する。

職人気質で、仕事に厳しい。
圧倒的な男性優位な社会に生きながら、仕事の腕一本でのし上がっていく。
それと同時に、王宮の権力闘争にも巻き込まれていくようで…。

『傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン』感想

あべし① 左

作品を読んだ感想です!

  • ベルタンがカッコいい!
  • 絵、ヤバい!
  • 作者への敬意しか浮かばない!

感想をざっくりと述べるとこんな感じ!

ベルタンがカッコいい!

ベルタン、超カッコいいです!
男尊女卑の時代において、女性ながら仕事の腕一本でのし上がっていく姿…。
ちょいちょい可愛いところもあって、惚れないわけがない!

なんと言っても、一流の職人であること。
仕事に全力を尽くし、常に最高の結果を求める姿勢が美しいです!

引用:傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

仕事だけでなく、恋愛面でも報われて欲しい…。
そんな風に応援したくなります!!

絵、ヤバい!

作画レビューのところでも述べますが、絵がヤバいです!
圧倒的なクオリティー。

引用:傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

書き込みが半端ないですし、表現力も素晴らしい。
ヌキどころもおさえていて、絵に飽きることもない。
作品全体を通して、魂が込められていて好きです!

作者への敬意しか浮かばない!

読み込むほどに、作者への敬意が溢れてくる作品。
話の面白さ・クオリティーの高さに、ただただ脱帽です。
まさに、マンガの教科書!!

引用:傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

どこまで史実に基づているかはナゾですが、作者の造詣が深いということは分かります!
歴史雑学のページもあり、そこがまた面白い!

『傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタンレビュー

あべし① 左

作品をレビューしていきます!

レビューまとめ

✅ストーリー
 ★★★★☆(★4つ)
 イイ!

✅イラスト

 ★★★★★(★5つ)
 すごくイイ!

✅おすすめ度

 ★★★★☆(★4つ)
 イイ!

ストーリー:★★★★☆(★4つ)

引用:傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

ひと言で表現すると、ベルタンが仕事を通して成功していくサクセスストーリー。
いろいろな無理難題をどうにか乗り越えて、のし上がっていくお話です。

職人の矜持や歴史的な背景が上手く描かれています。
説明のコマも豊富なので、歴史に疎い人でも分かりやすく展開になっているのもGood!

ベルタンの成長や王宮の権力闘争による波乱万丈が目まぐるしいので飽きません!
これからどうなるんだろう…。と、ページをめくる手が止まらない!

歴史に基づく波乱万丈が楽しく分かりやすく描かれています!
ストーリーの評価は★4つ!!

イラスト :★★★★★(★5つ)

画力が半端なくヤバい作品!
これまで読んできたマンガで、最も作画が素晴らしい!!
人物・衣装・小物・建物、すべてが最高レベル。

引用:傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

特に、衣装の書き込み具合が半端ない!
モノクロだけど色が透けて見えるよう。

メリハリもしっかりとつけていて、感情表現を当たり前にこなす。
セリフがない箇所も、絵で分からせてくる感じが素晴らしいです。
むしろ、言葉が邪魔…と言えるような圧倒的画力!

流行りのコミカライズ作品全般に見習って欲しいレベルです。
※無茶言っているのは分かっていますが。笑笑

すべてのマンガが見習うべき世界トップレベルの作画!
イラストの評価は文句なしの★5つ!!

おすすめ度:★★★★☆(★4つ)

歴史面の教養にもなり、かつ、面白い。
そして、女性の強さを如実に表した作品。

女性の強さを表現するのに方法はいくつかあると思います。
が、男尊女卑の時代で、「職人」という観点で表したところがまた素晴らしい。

引用:傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン

歴史マンガのお手本とも言える作品なので、苦手な人はちょっと難しいかも。
その反面、少しでも知識がある人にはゼッタイに刺さる作品!!

クオリティーの高さに驚愕することでしょう!
おすすめ度の評価は★4つ!!

『傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン』についてまとめ

あべし① 左

作品のまとめです!

今回は『傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン』をご紹介しました!

作品情報まとめ

ジャンル
 歴史・職業

著者
 磯見 仁月(いそみ じんげつ)

その他情報
 単行本:全9巻
 出版社:新潮社(バンチコミックス)

『傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン』は歴史マンガ!
時代と逆境に立ち向かう、女性の強さと美しさを描くサクセスストーリー!

レビューまとめ

✅ストーリー
 ★★★★☆(★4つ)
 イイ!

✅イラスト

 ★★★★★(★5つ)
 すごくイイ!

✅おすすめ度

 ★★★★☆(★4つ)
 イイ!

評価の合計は★13!
ゼッタイに読んで欲しい作品です!

圧倒的な作画力が魅力的なマンガ!
世界トップレベルのイラストが必見です!

気になった方は、ぜひ以下のリンクから購入してみてください!
”無料の試し読み”だけでもぜひ!)

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

最後までお付き合いくださりありがとうございました!
本ブログでは、検索してもあまりヒットしないマイナー作品を中心に紹介
あなたのワンクリックが励みになります!
ぜひともリンクから応援ポチっとよろしくお願いいたします!

PVアクセスランキング にほんブログ村